Blogブログ

新作お披露目公演を終えて

2022.07.05 谷口 亜湖の公式ブログ

.

前田慶次かぶき旅 〜薩摩の鬼・島津編〜

熊本県立劇場にて無事終演致しました✨

作品に関わって下さった多くのスタッフの皆様

御来場し、見届けてくださった皆様

来られずともエールを送ってくださった皆様

そして、いつも支えてくれるメンバーのみんな🤝

本当に沢山の方のお力添えのもと

熊本県立劇場の舞台に立つことができました。

.

新たな挑戦が沢山詰まっていた、新作。

個人的には、前作とは違った役への挑戦を

させていただくことができました。

役者としてありがたいことだなあと思いながらも

プレッシャーや緊張も感じていましたね…

それはオリジナルキャラクターである権一を

演じているときにはなかった

実在した人物を演じる。ということ。

勇ましさや、覚悟、背負っているもの。

調べれば調べるほど、それは

自分が到底及ばないくらいの大きさで

ただその毎日と、作品と、目の前にあることと

真正面からたたかうことで、

少しでも近づきたいと思う日々でした!

.

そんな日々のなか巡った立花宗茂ゆかりの地

まずは、立花宗茂が初代城主をつとめ

1度改易されたものの、

再度城主へ返り咲いた 柳川城趾

歴史に残る逸話。というものは

本当の事であると分かっていながらも

現代では信じられないことばかりで、

心のどこかで半信半疑な私がいたのですが

この柳川城趾へ来た時、

「 宗茂はここで確かに生きていたんだなあ 」と

妙に納得できてしまったんですよね。

息していたんだなあ。命があったのだなあ。と

.

うん。はい。

何言ってんだ?と思われそう😂笑

ただこの日、立花宗茂に近づきたいなあ

少しでも重なりたいなあと改めて思いました。

こちらの史料館には

立花宗茂が所用していた甲冑等の展示が。

こうして現代まで遺っている奇跡に

感謝と尊敬が止まらなく、端から端まで

色んな角度から食い入るように見てきました…

写真も沢山撮ったのですが、

皆さんにも是非行ってみて欲しいので

独り占めさせていただきますね🫣笑

.

この新作に取り組むことがなければ

触れることのなかった歴史との出逢いは

これだけではありません

公演へも、お守りとして持っていった

こちらの手ぬぐいは、兵法タイ捨流の稽古場に

見学へ行った時にいただいた手ぬぐい。

なんとその際、体験もさせていただき

義に厚い立花宗茂を彷彿とさせるような優しさで

とても丁寧に、短時間で、沢山の事を

教えてくださいました。

学びしかなかった!!

また必ず伺います!!

.

こうして何百年も前の歴史を

実際に見て、感じて、学ぶことができるのは

今日この日まで守り、伝え、繋ぎ

遺し続けてきてくださった方々のお陰です。

その想いこそ、まさに「 義 」

私も、エンターテインメントという形で

たとえ微力でも歴史を伝えていけたら…

096k熊本歌劇団の舞台が歴史に興味をもつ

キッカケになったら、嬉しいなあと思います。

.

今回のブログはこのへんで✊

書き出すと止まらないけど書ききれない….

また公演までの道のりについて

ブログに書けたらなあと思います☺️

.

読んでくださりありがとうございます🐨‪🔆‬

.

谷口亜湖公式Twitter

096k公式YouTube