ブログ

Blogブログ

第9話 大学時代に所属したよさこいサークルはすんごい大事

2021.02.04 鬼山 花菜の公式ブログ

こんばんは!🍈

【096k熊本歌劇団】1期生、納豆とナナちゃん🐶大好き!鬼山花菜です!🐣

写真は以前バドミントンをしたときのきーちゃんとのツーショット🏸

このとき超真剣にバドミントンしました…😂 なかなかにハードやった…

さて、今日は大学生のときの私をちょっとだけご紹介します!👇


高校3年間を終えて、私は行きたかった大学になんとか合格した。

至って普通の4年生の大学であるが、高校生のときのオープンキャンパスで色んな大学を直に見て一番『ここで大学生活を過ごしたいな』と思ったところである。

京都にキャンパスがあるため、家から電車で2時間半ほどかけて通っていた。

以前京都が好きだとブログに書いたと思うが、好きになったきっかけはやはり大学の4年間を過ごしたためだと思う。

京都は最高だ。有名な寺社や観光地が多いだけでなく、お洒落なカフェもたくさんある。碁盤の目のように規則正しく街路が並んでいるため道にも迷いにくい(と個人的に思っている)。

さて、京都の魅力は語り尽くせないほどあるけれどそれはさておき。

私は大学4年間のほとんどをサークルに費やしていた。

昔読んだ漫画をきっかけに気になっていたことと、和風の衣装が好きだったことから、私はよさこいサークルに入った。

『よさこい』ときくと、ソーラン節などをご想像されるかもしれないが、少し違う。私の所属していたチームの演舞にはテーマがあり、ストーリーがあり、その世界観に沿った曲や衣装、振り、道具、MC全て揃って表現していた。

多くのよさこいチームは、ひとつのオリジナル演舞を制作し、それを1年間踊る。私も大学2回生のときにオリジナル演舞を制作する一員に加わり、同期のみんなと演舞を作っていた。

みんなで会議をして、テーマとストーリーを決め、各班に分かれて衣装や曲、振り、MC、道具を1から作る。業者の方とも話し合って進めていく。完成するまでには膨大な時間と幾度とない話し合いを要するので、出来上がったときの感動は今でも忘れられない。

自分たちで作り上げた演舞を同期と後輩と一緒にお祭りで踊るのはとても楽しかった。

たくさんしんどいことも大変なこともあったし、実を言うと人生で一番キツかった時期もサークル時代のときにあったけれど、今思えばそれもひっくるめて全部いい思い出だと思う。

サークルの先輩方、同期のみんな、後輩のみんなの中には、私が今こうやって096kの一員として活動していることを応援してくれる人もたくさんいる。

それが本当に、心の底から嬉しいと思うし、いつか『鬼山花菜の知り合いなんです~』て言って誇りに思ってもらえるような存在になりたいと思うことで頑張ろうと思えるのである。


長くなった上になんかうまく言いたいことまとめられへん~~😭

でもほんまに大学のサークルは私にとってすんごい大事で大好きな存在なんです…

いつかもっともーっと有名になったときに、『私ここのチームの○代目でした☺️』って言うのが密かな夢です笑

ふぅ💨 それでは長くなりましたが今日はこのへんで。

今日も読んで下さりありがとうございました!💓💓💓

《Twitter→鬼山花菜@096k_Kiyama


《Instagram→096k_kiyama

👆こちらも更新してます🎵コメントやDMのご返信はできませんが全て読ませて頂いてますのでたくさん送って下さいっ😍


096k熊本歌劇団 公式YouTubeチャンネル

http://youtube.com/channel/UCw4ucXgYaY-PK4Q-NG5u5DQ

🐣見逃し配信、配信中!🐣

毎週水曜日深夜0時56分放送の『096kカゲキッ!団』。番組放送終了後に、096k公式YouTubeチャンネルにて見逃し配信を1週間限定で配信中!!!
(配信の開始時間は前後する可能性がありますのでご了承ください)