ブログ

Blogブログ

今日、昨日とDVDで舞台鑑賞

2021.01.07 工藤 貴美華の公式ブログ

こんばんは。

皆さま、本日はどのような一日でしたか?

本日は、語りたい思いが多過ぎます。

御付き合いいただけましたら、

私を もっと 知っていただけるかと思います。

私は本日、朝から様々な動画を編集したり

SNSに力を入れよう!と

励んでおりました。

その間に、大切なファンの方から

年賀状をいただいたり。

とても可愛らしい年賀状✨

書かれていたメッセージも、

きちんと読ませていただきました。

応援ありがとうございます。

贈っていただいた物は全て大切に

保管させていただきますね☺️

そして、もうひとつ。

私が本日伝えたいのはコチラ

舞台

もののふシリーズ 最終章

駆けはやぶさひと大和

こちらの作品は

私がまだ、陸上自衛官だった時に出会いました。

私は、中学生だった頃(7年前)から

この作品に御出演されている

青木玄徳 さま の大ファンで

丁度、この舞台公演の期間は訓練がなく、

折角だから…と、

最終章であるにも関わらず

予習も何も無しに観劇に行きました。

…が、驚くことに

初心者でも楽しめる、

初心者でも感動出来る、

男の友情、人情味が溢れる、溢れ過ぎている

とっても素敵な作品でした。

無論、メイクをして会場に向かいましたが

帰る頃には 涙を流し過ぎて

スッピンになっていました。(笑)

そしてなにより、

この作品に出会ったことで

“舞台” というものの魅力に “再度” 胸を打たれ、

舞台に帰る事を決意しました。

自衛隊を辞め、

コチラの世界に飛び込むことを決めたのです。

そのくらい、私にとって

“人生に大きく影響を与えて下さった作品” です。

この作品に出会っていなければ

私は自衛隊を辞めていなかったし

改めて役者を目指す事もなく、

今こうして “096k熊本歌劇団” にも

属していませんでした。

私は、玄徳 さまにも、

西田大輔監督にも、

主演を務められた 花村想太 さんにも、

この舞台に御出演された方々、

作品に関わって下さった関係者様各位

私の人生を変えて下さった全ての方に

どんなに感謝を伝えても伝えきれません。

そして私が今思うこと。

それは、”いつか” と遠く考えるのではなく

出来るだけ、はやく

ここで、096kで得られるものを取得し、

沢山、沢山 勉強して

この作品が私の人生を変えたように

私も、誰かの人生を変えられる存在になりたい。

そして願わくば

私の人生を変えて下さった方々と一緒に

人を魅力する事が出来る作品を作りたい。

そのためには先ず勉強ですね!

私にはまだまだ伸び代がある!

伸び代しかない!

明日からもまだまだ、まだまだ沢山

先生方や仲間から “いただきます” して

“未来で輝く自分” を育てます。

珍しく自分の奥に秘めている事を話しました。

憧れの背中 を追い続けて数年

ようやく、ほんの少しだけ、

半歩にも至りませんが、近付けそうです。

しっかり、着実に、仲間と共に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

普段秘めている 細川貴美華 を

知っていただけて嬉しいです。

では、また明日。

おやすみなさい