ブログ

Blogブログ

🥀 脱柵等について🇯🇵

2021.07.01 工藤 貴美華の公式ブログ

Twitter民の方々は
突然の事でなんの事やら…??

という感じかもしれませんが、
今回は、自衛隊の 「脱柵」 について。

最新の TikTok で、私は

「自殺するくらいなら脱柵しろ」
「脱柵するくらいなら辞めろ」と話ました。

自殺をしてしまうほど追い込まれている人は
周りに助けを求める事が出来ない環境の人が多いです。

私も、本当にキツい時期があり、
電車を見たら
「あ、飛び込めば楽になれるのかな」と
考えたことも、ありました。

今 思い返せば 「何考えてんだ!」「え、貴美華ちゃんがそんなことを?」と言われるような事ですが
本当に辛い時、苦しい時はそう考えてしまうんです。

ですが、

それでも、私が 自殺も、脱柵もしなかったのには訳があります。

私が、私自身の異変に気付く前に
先輩方が気付いて下さったからです。

「お前最近変だぞ」
「何があった」
「全部話せ」

と、沢山の上官に声を掛けていただいてから

あ、私可笑しくなってるんだ。
と気付いたんです。

それからは環境の改善の為、
沢山の方に救いの手を差し伸べていただき、
自殺も、脱柵もせず、
円満な、私の夢を叶えたいという気持ちの背中を押す形で、
退官をさせていただきました。

あの辛かった時、
私に

「 お前の代わりは幾らだっているんだぞ。」
「やりたい事をやれ。」

と言ってくださった上官とは、
今でも連絡を取っています。(笑)

いつまでも、
大切にしたいご縁です。

そして 実際に私には、
パワハラ、セクハラ、モラハラで
命を絶った後輩や、命を絶とうとした(未遂)教え子もいます。

辛い思いをしている自衛官、自衛官候補生へ。

「自衛隊に入ったら、辞めちゃいけない。」

なんて事は無いよ。

「辛いって言っちゃいけない」

なんて事も無いよ。

キツいならキツいって言えばいい。
泣いちゃダメなんて事も無いんだから、
泣きたい時に泣いたらいい。

家族は、貴方がそんな思いをする為に、
送り出してるんじゃないんだよ。
たまには家族の声を聞くといい。
大好きな人の声を聞いたらいい。

強がらなくていいんだよ、

自分を、自分の心を、大切に。

自衛官の御息女を持つ、御家族の方へ。

恋しくて、御息女と電話をする時に
辛く当たられる事があるかもしれません。

それは、もしかしたらストレスのサインかもしれません。

私がそうでした。
辛くてどうしようもない時、家族の前でも強がらなきゃ。と思い、かなり辛くあたってしまっていました。
心の負担がピークなのかも知れません。

そんな時は「どうした?」と一言掛けてあげてください。
吐き出させてあげてください。

私は、母にも沢山救われました。

どうした?と聞かれてから、
私は母に 自衛隊の事を、よく話すようになったと思います。

異変に、気付いてあげてください。

あの時、後輩や教え子の気持ちを吐き出させてやればよかった。と悔いがありますが、今からでも救える命があるのなら

自殺をする前に、脱柵をする前に、
辞めてしまいなさい!!!

他にも仕事は沢山あるし、
向き不向きもあるから。

死ぬこたないぜ。

皆、一人一人が人生の主人公。バッドエンドは好かないです。(笑)

あ、脱柵も。
捜索費用は全額本人持ちだから気を付けろよ!

おやすみ!