Blogブログ

映画鑑賞記録

2022.01.31 野村 由貴の公式ブログ

映画『前科者』


物語は冒頭のシーンが大切だってよく聞く

まさに引き込まれて、

この物語を最後まで観たくなった

というか知りたくなった


得意なもしくは好きな科目は

国語派か数学派か体育派か

わかれるとして私は国語派なんですけど

それはなぜかというと

答えがその文章の中にある

それを読み解くのが好きだから

計算してると眠くなってくる

もしくは、数字が苦手とでもいいましょうか。


話が脱線してしまったけれど

答え合わせを何度もしたくなって

欲しい時にヒントをくれる展開

文章を読みとく感じにちょっと通じてた

また登場人物が皆素晴らしい

そりゃ当たり前かって思うんだけど、

それが当たり前じゃなかったりする


キャラクターの印象が

薄くなってしまう登場人物がいても

可笑しくない中で

皆素敵って

そういう映画はとても魅力的だし

そういう映画がとても好きです。


何度も心がうずうずなって

鼻の奥がむずむずして

目の奥がじんじんして

映画って良いな

こんな風に人間や社会の色々を映し出せる

綺麗なところばかりじゃないし

正義が正義でなかったりする

正しいと思うことが間違っていて

よくないとされることが良かったりする

皆いろいろ抱えてて

それが万人に分かってもらえることじゃないし、

どこかで孤独はいつも付きまとう

それにどう折り合いをつけて生きていくか、

どう受け入れ生きていけるか

皆に好かれるなんて思ってないけど

好かれたいと思う

だけど、うまくいかないとかとか

もう言い出したらきりが無い

色んなことに溢れているこの世界は

正直者には生きづらかったりする

だから生きていくために

曲がったりくねったりする


それが良いか悪いかは自分で決める


色んなことがぐるぐるして

このまま、この映画をみた気持ちを

忘れてしまうのは勿体ないと思ったから

私はメロンクリームソーダを飲みながら

インプットを文字に残しました。


いつでも忘れないように忘れたくないもの


ありがとう

ではでは~♪

読んでくださり、ありがとうございます! 

096k熊本歌劇団★野村由貴