ブログ

Blogブログ

こうやってすぐ付加価値を求めようとするところ悪い癖よ

2021.07.21 上 琴絵の公式ブログ

こんばんは、096k熊本歌劇団の上琴絵です

これはGoogleさんの3D表示ではしゃぐ私です

表示しているのはラグドール

今実家で飼っているにゃんこもラグドールミックスなので、とても思い入れがある猫種

やっぱり大きいですね

目が青くてとっても綺麗なんですが、目つき悪

絶対私のこと嫌いやんって顔していますが、ただツンデレなだけという設定にしておきます

いるけどいない、いないけどいる…

不思議な感じですが、とりあえず名前をつけるとしたら「ごまどうふ」ですね

さて、本日7月21日は「神前結婚記念日」

1897年(明治30年)7月21日、「脚気の治療法を研究した”ビタミンの父“」と言われる高木兼寛(たかぎかねひろ)が東京日比谷大神宮(現在の東京大神宮)の拝殿での神前結婚式を行いました

当時の結婚式は新郎の自宅で行うのが普通でしたが、この結婚式の影響で一般にも神前結婚式が挙げられるようになったそう

また、1900年(明治33年)5月10日に「皇室御婚令」が発布され、皇太子嘉仁(よしひと)親王(後の大正天皇)の御婚儀が行われました

これにより、国民の間で神前での結婚式への注目度が増し、日比谷大神宮は、神前結婚式を世に広めるために、新聞記者や大臣等を招いて模擬結婚式を行うなどPR活動を行いました

現在の神前結婚式の原型は日比谷大神宮の宮司が、宮中で行われる結婚の儀を模した形で「神前式」という儀式を新たに創設したものなんだそう

白無垢ってちょっぴり憧れますね

ウエディングドレスも良いですが、二の腕を出さなくて良いところがお着物の良いところだと思っています

昨年の10月ごろ、熊本城敷地内の加藤神社にお参りに行った際、たまたま結婚式が執り行われていました

実は神前結婚式を間近で見るのは初めてだったのですが「世界の全てが祝福しています」という空気感があって、例えようもない幸福が伝わってきました

ところで、白無垢って重そうですよね

そこで大体の重さを調べてみました

ウエディングドレスの場合は3、4kgぐらいが平均的な重さ

一方、白無垢や色打掛は5kg以上のものが多く、映画やドラマ、そのほか撮影などで使われるものは10kg以上になるものもあるのだとか

ここに和装用のカツラを加えると大変なことになりますね

結婚式だけで痩せそうですね

白無垢ダイエットです

撮影とかになったら、食事は普通でしょうし、本当に痩せることが可能そうですよね

え、そういうお仕事ないかしら

私、結構ちょうど良い年齢だと思うんですけど

白無垢着られて且つ痩せるなんてそんな一石二鳥なお仕事ないですかね

ウエディング業界の皆様、私、上琴絵でございます

いつでもお声かけお待ちしております