ブログ

Blogブログ

  • こんばんは、096k熊本歌劇団の上琴絵です

    エフエムやつしろさんにお邪魔させていただきました

    お聞きくださった皆様、ありがとうございました

    トータルで4時間もおしゃべりさせていただき、楽しい時間を過ごさせていただいたのですが、コメントとかメールってとっても嬉しいものですね

    Twitterやブログは基本的に一方的な発信でしかないので、なかなかみなさんとお話をする機会がないのですが、ラジオだと自分の言葉で文字数の制限なく答えることができると言うのが最大のメリットだと思いました

    いずれ自分たちの番組が持てたらとってもうれしいなぁ

    さて、本日7月26日は「幽霊の日」

    1825年(文政8年)の7月26日、江戸の中村座で四代目・鶴屋南北作『東海道四谷怪談』が初演されました

    『東海道四谷怪談』は、四谷左門の娘・お岩が、夫・民谷伊右衛門に毒殺され、幽霊となって復讐を果たすという物語

    江戸の町に実際に起こった事件をモデルにしているんですって

    怪談の定番とされ、鶴屋南北の歌舞伎や三遊亭圓朝の落語が有名で、映画化もされていています

    ホラーの時期になってしまいました

    そもそもなぜ怪談話は夏のイメージなのか

    夏の行事といえば「お盆」

    お盆には、あの世から死者の霊魂が帰ってくるとされており「盆棚」を作ったり「迎え火」を焚き、祖先の霊魂を迎えます
    しかしお盆には祖先の霊だけでなく、無縁仏や、恨みを抱いた怨霊も帰ってくると考えられてきました

    このことから怨霊の無念を語る季節、ということで怪談の季節となったんだそう

    海外だと、お盆の代わりにハロウィンがありますよね

    日本の幽霊たちは夏、洋風のお化けたちは秋冬、ということはほぼ一年中お化け生息してるじゃないですか

    え、怖い

    私は零感ではないみたいだけど、別に見えるわけではないのでただただ怖いです

    見えたら見えたで怖いけど、見えないなら見えないで怖い

    わがままですね

    でも相手の立場になって考えてみると、いるのに見てくれない、目が合わないってとても怖いことなのかもしれないなと

    突然住処に土足で侵入してきたと思ったら、除霊的なことをされることもあると思うと、生きてる人間怖いってなりますよね

    そう考えると、怖がってしまって申し訳ないのですが、怖いものは怖いんです

    「怖い」とは言うものの、そもそも「怖い」「恐怖」とはなんぞやと気になったので調べてしまいました

    Wikipediaにはこうあります

    恐れの中でも具体的な事態になっておらず明確な対象があるものが「心配」
    具体的な事態になっておらず、かつ明確な対象もないものが「不安」

    これを読むと、私が感じているものは「不安」が大きいんでしょう

    元来心配性なところがあるので、不安を感じやすいのでしょうが、では「不安」とはなんぞやと言うことです

    Wikipediaによると

    恐怖とも期待ともつかない、何か漠然として気味の悪い心的状態や、よくないことが起こるのではないかという感覚

    これですよ、これ

    私は怪談話になるとまさに「恐怖とも期待ともつかない、何か漠然として気味の悪い心的状態や、よくないことが起こるのではないかという感覚」になっているんです

    スッキリしました

    今日はなんだかよく眠れそうです

  • こんばんわんわん🐶

    お風呂入るつもりでリビングのソファに座ってから約1時間動けない姫野美咲です。🌷

    定期公演が落ち着いて、OFF!!

    今日は昼から、かなやあいらちゃん、おっかあのラジオを聞きながら身支度を軽くして、カラオケルームで歌の練習🎤

    そして家に帰って来て、リボンの騎士のミュージカルを見てました!!

    主人公サファイア役の生田絵梨花ちゃん…お顔が可愛くって王子様というよりお姫様のイメージが強い👑*゚久しぶりにファンタジーな作品を見たので、まだほわほわしてる気がする(笑)

    こういう外に出ずに、舞台鑑賞の日も私は結構好きで。最近は2.5次元ミュージカルをよく見ます。📺

    自分が舞台に立つのは勿論好きなんですけど、観るのも同じくらい好きで、沢山のジャンルに触れたいな〜って気持ちから最近は2.5次元が多いかも??

    おすすめの作品あればぜひ教えてください😌

    さてさて、公演が始まってからTwitterで私達を応援してくださるファンの方々をお見かけする事が増えました!!嬉しい限りです☺️

    推しマ…?という文化があるんだなぁ。知らなかった。笑

    そうだなぁ…私がよく使う絵文字って何だろう〜とか思うとよく 🌷 を使ってる気がする。

    姫野の👸も、こっち👑の方が可愛いかなぁ?と思ったり…🤔💭

    じゃあ組み合わせて、👑🌷 とかどうでしょう。

    2個は欲張りかな?(笑)

    それでは、ここらでおやすみなさい🐑💤💭

    皆さん良い夢を🌙*゚

    そいえば、前髪切った✂

    あんま分からん。

  • 皆さんこんばんは!まどかです!

    今日もお疲れ様でした!

    今日も私はおやすみでした。

    なのでお昼までゆっくり寝て、午後からは自主練とお部屋の掃除をしました。

    そして夜はメイクさんに白組でやる義太夫のメイクと髪型をしてもらいました。

    良いおやすみになりました😊

    明日からまたお稽古頑張ります!!

    まどか🎀

  • 横手五郎さんゆかりの地

    益城町の「猫伏石」を観に行ってきました!


    加藤清正様の命により城の土台となる石を

    猫伏に包んで背中に背負って運んでいる最中

    あまりの石の重さに猫伏が耐えきれず破れてしまい

    五郎さんは小さな石を両手に抱え

    大きな石をその場に残して帰ってしまった。


    あまりの重さと大きさに誰も動かすことができず

    今でもその場に横たわったままとなっている。


    住宅街にあり、細い路地のいりくんだところにあるので

    なかなかゆっくりは見られないけれど

    一瞬でも五郎さんを感じることができ

    とても有意義な時を過ごせました。


    こんなに大きな石を運べるわけがないだろうと

    伝説でしかないと思われるかもしれないけれど

    私には目に浮かぶのです。

    五郎さんがこの石を運ぶ姿が

    それだけの思いを持って存在していたのではないかと

    想像はどこまでも広がります。


    頭に思い浮かべるだけで実際にはみえなくとも

    そこに存在しているように思える不思議な感覚です。


    それにしてもこの石が横手五郎さんが運んだ石だと

    どなたが言い伝えて現代に至るのか気になるものです。


    少しでも横手五郎さんのこと

    熊本のこと知って頂けたら嬉しいです(∩´∀`)∩

    そして、更には

    「舞台 前田慶次かぶき旅 肥後の虎加藤清正編」

    がより深いものとなることを願い

    皆さまにより楽しんで頂けることを願い

    日々精進します!

    🔹096k熊本歌劇団🔸野村由貴(紅組 横手五郎役)

  • 『ライフ・イズ・ビューティフル』

    ロベルト・ベニーニ 脚本演出主演

    ☆4つ

    美しい嘘が生み出す奇跡の連続。

    前半ラブコメから始まり、後半へかけて重たい話になるのだが、残酷な日々を、主人公がラブコメのまま振る舞う姿にギャップがあって、よけい残酷さが際立ち(リアリティじゃないのは承知。物語として)、ラストの感無量感がすごい。
    この題名である事が、感慨深く納得出来る。

  • こんばんは、096k熊本歌劇団の上琴絵です

    芸術鑑賞デーでした

    充実した1日だったわ

    ちょっとだけ感想を

    「東リベ(2回目)」原作やアニメとは別ものとしてみる

    「テオ・ヤンセン展」展示物の数は多くはないのだけれど、十分すぎるくらい満足

    「夏目友人帳展」以前とそんなに内容は変わっていないけれど、劇場版の舞台挨拶の映像など追加もあり

    夏目展は熊本が聖地なだけあって、人吉球磨PRブースも併設されていました

    今年の花火大会コラボポスターの背景はクラフトパーク石野公園みたいですね

    ところで、VRメガネのような「ハコスコ」なるものをいただきました

    メガネを使って多良木町公式youtubeの映像を覗いてみましたが、結構楽しくて

    こういったPRの方法もあるのですね

    とても勉強になったので、これだけでも行った甲斐がありました

    さて、本日7月25日は「はんだ付けの日」

    「はんだ」が7種類の元素(Sn:錫(すず)、Pb:パラジウム、In:インジウム、Ag:銀、Cd:カドミウム、Bi:ビスマス、Sb:アンチモン)からできていることと、「はんだ付け」に最適な温度が250℃であることから、日本はんだ付け協会が制定しました

    「はんだ付け」は「はんだ」と呼ばれる合金を熱で溶かして金属や電子部品を接合する作業のことで、その技術を広くPRすることが目的です

    私、はんだ付け大好きなんです

    基本的にものづくりが好きなので、いざはんだ付けるぞって時はノリノリでやっていました

    でも残念ながらはんだ付けってそう日常生活でやる機会ないんですよね

    本当に残念

    私にとって最後のはんだ付けは、そう、中学の技術の授業でした

    センサーライトを作ったことがあるのですが、好きすぎてクラスの工作苦手な子の分も代わりに作っていました

    そのくらいはんだ付け、そして技術の授業が好きだったのに、成績は5段階評価の4

    細かい評価は座学も技術面もオール◎なのに「積極的に取り組んでいる」の項目が3年間ずっと△だったんです

    解せない

    全く解せない

    おかげで3年間ずっと4のままでしたよ

    当時は正当な評価を貰えないことへの憤りを感じていましたが、もしかしたら私の態度が悪かったのかもしれないなと最近は思うようになりました

    人に心を伝えることはとても難しくて、さらにそれが1対多なら尚更

    言葉にしなくては伝わらないことばかりなはずなのに、わかってくれていると過信してしまっていたのかもしれません

    きっと、私の心が伝わってなかったんです

    ところで、そんなことよりさっきから家の中でコオロギに似た虫や5センチくらいのクモが立て続けに出没しているのですが、どっから入ってきているの?

    このことに関しては、現在進行形で憤りを覚えています

  • こんばんは🌙

    096k熊本歌劇団の鬼山花菜です!

    本日はオフ。公演を見に来てくれた家族に会いに行ってきました。

    会ってすぐに舞台を見た感想を話してくれて、

    『迫力がすごかった』『大立ち回りすごかった』『頑張ってたね』と

    言ってくれて…

    おばあちゃんは『最初椅子がちょっと固いなって思ってたけど、舞台始まったら引き込まれて椅子の固さ全然気にならんくなってたわ』って言ってくれました。

    実は自分が芝居をしているところを家族に見てもらうのはほぼ初めてだったんです。

    (以前1度だけアンサンブルとしてミュージカルに出たことはあるのですが、ニワトリ役でコケコッコーと鳴いたりしていただけなので、人間として舞台に立つのは初めてなのです…)

    自分が台詞を喋って動いているところを家族に見てもらい、感想をもらうことができたこと、純粋に嬉しいです。

    以前読んだ『風姿花伝』に、

    「そもそも芸能とは諸人の心を和ませ、感動を与える幸福の根本、つまりは寿命を延ばす法となる。究めつくせば世のすべての道はこの幸福と長寿という目的にたどり着く」

    と書いてありました。

    この言葉がとても心に深く残っていたのですが、今回家族に見に来てもらって、言っている意味がちゃんとわかった気がします。

    おばあちゃんやお母さんが元気でいてくれるときに1回でも多く舞台に立っているところを見てもらいたい。そしてその舞台を見て、元気や感動を届けることができたら、もっと長生きしようという糧になることができるんじゃないかな。と

    いつも応援してくれる大好きな家族のために、私はもっともっと頑張りたい。

    もっとできることを増やして、家族や友人、大勢の方々を元気になってもらいたい。

    そう改めて思いました。

    関西から熊本まで来てくれてありがとう。

    明日からも頑張るぞーーー!

    おしまい🍛

    ***

    【096k公式YouTube】も宜しくお願い致します🌟

    https://youtube.com/channel/UCw4ucXgYaY-PK4Q-NG5u5DQ

  • 皆さんこんばんは!まどかです!

    今日もお疲れ様でした!

    今日は4連休の最終日ですね。コロナで大変な時期ではありますが、楽しく過ごせましたでしょうか?

    お家でオリンピックを見たりされたのでしょうか??

    私は2連休の1日目でした😊

    なので、お昼まで寝て、衣装のメンテナンスをして、午後からはメンバーのみさきちゃん、みなみさんと温泉へ行ったり、アスレチックをしたり、お買い物して楽しく過ごしました。

    午後からのお出かけでしたが、充実してとてもリフレッシュできた1日になりました☺️

    たまには稽古から離れて遊ぶのも良いかもなって思いました。

    メリハリをつけてこれから過ごしていきたいです。

    今日は写真をたくさん載せたいと思います!

    明日もおやすみなのでゆっくりしつつ定期公演の反省をいかして稽古したいと思います☺️

    今日もブログを読んで頂きありがとうございます!!

    まどか🎀

     

     

    🌸7月17日(土)より定期公演開始!🌸

    舞台 前田慶次かぶき旅 

    肥後の虎・加藤清正編

    毎週金曜・土曜

    18:30開場/19:00開演

    前 売 券 2,500 円(税 込) 

    当 日 券 3,000 円(税 込)

    チケットの購入については

    ↓公式ホームページをご覧ください!!

    トップ

    🎀096k熊本歌劇団公式ホームページ🎀

    https://096k.jp/

    🎀096k熊本歌劇団公式YouTubeチャンネル🎀

    https://youtube.com/channel/UCw4ucXgYaY-PK4Q-NG5u5DQ

    🎀プレゼントやお手紙の宛先は↓🎀

    〒869-1601

    熊本県阿蘇郡高森町 アーティストヴィレッジ阿蘇096区内株式会社クマモトコミュニケーションズ 宝生窓花 宛

    🎀7月14日から音楽配信がスタートしました🎀

    私は「花のかぶき旅」のレコーディングに参加しています。ソロもあるので是非聴いてください!詳しくは096k熊本歌劇団の公式ホームページをご覧ください!!

  • *

    *

    こんにちは。

    096k熊本歌劇団の片山紗雪です。

    *

    *

    本日も無事終演致しました。

    沢山の方に観ていただいて本当に嬉しい限りです。

    7月25日は、加藤清正公の生誕日。

    その前夜、満月の夜に公演でした。

    楽しんでいただけたでしょうか。

    SNSでのコメントも全部読ませていただいて、とても励みになっています。

    まだまだ成長過程ではありますが、これからもっと沢山の方に観ていただいて、『前田慶次かぶき旅〜肥後の虎・加藤清正〜編』の魅力を発信していきたいと思います。

    今日は特に様々な想いが駆け巡って、公演中は清正の夢みる熱い想いを強く感じました。

    領民に親しまれ領民と共に熊本をつくりあげてきた加藤清正公。

    いまでは想像もできないほど大きな夢を実現してきた武将です。

    あの時代に、身分男女区別なく働いた分だけ平等に給金を与え、そして領民の意見を取り入れながら熊本を築き、領主自ら率先して働く。

    そんな武将他にいたのでしょうか。

    だからこそ今でも県民に愛されているのでしょう。

    わたしもこうありたい。と憧れながら日々演じています。

    先日、加藤清正公が祀られている‘’本妙寺”へ行ってきました。

    仁王門

    熊本地震の影響で、改修保全中の仁王門。

    実在した人を演じるのはとても責任があります。

    私は誠心誠意この役と向き合っていきます。

    清正公と片山紗雪

    夢みる心は同じ!

    まだまだ未熟者ですが、観ていただく皆さんとそして共演者のメンバー全員と楽しみながら、舞台をつくりあげていきたいと思います!

    加藤清正公。

    この役を演じさせてくれてありがとうございます。精一杯がんばりますので、これからもよろしくお願いします!

    なんか固めのブログが多いなぁわたし。笑

    誕生日おめでとうございます!

    また今度加藤家3人組で本妙寺に伺います。

    おやすみなさい!

  • こんばんは、096k熊本歌劇団の上琴絵です

    これは以前、お店に行って購入した「tatomiya」のカプレーゼサンド

    フレッシュなお野菜とバジルソースとアクセントの塩のバランスが最高でとっても美味しい

    そして今日の公演後の晩御飯はそんな「tatomiya」さんのサンドイッチでした

    え、最高に美味しいんですけども

    熊本にいらした際は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

    詳しくはこちら

    https://tatomiya.net/

    さて、本日7月24日は「地蔵盆、地蔵会」

    毎月24日は地蔵菩薩の縁日で、子ども達が地蔵に花や菓子などを供えて祀る日とされています

    その中で7月15日の「お盆」に近い7月24日が「地蔵盆」

    地域によっては月遅れの8月24日に行われるところもあるそうですが、近畿地方を中心とする地域で盛んな行事なんだそう

    地蔵菩薩は、道ばたや街角の神「道祖神」として信仰され、「子どもの守り神」として一般的には親しみを込めて「お地蔵さん」「お地蔵様」と呼ばれています

    しかしもともとお地蔵様は、お墓と一緒に建立して中絶や死産してしまった胎児である水子や、生まれてからも病気などで亡くなった幼子を供養することが目的でできたもの

    そこにお地蔵様があるということは、ある理由があるということ

    私の地元に四ツ辻が連続で何個もある路地があるのですが、辻ごとにお地蔵様がいらっしゃいます

    実は子どもの頃、その道を通るのが少し怖かったんですよね

    いつもできる限り自転車をぶっ飛ばして通っていた記憶があります

    とは言うものの、お地蔵様とか関係なくいつでも自転車ぶっ飛ばしていたような気もしてきました

    人の記憶って曖昧なものですね