漫画を原作にしたライブを披露する
「火の国」熊本発の女性歌劇団

前田慶次かぶき旅 バナー2021年初春 熊本市内にて定期公演スタート予定!
詳細はこちら!

096k熊本歌劇団 最初の演目は
漫画『前田慶次 かぶき旅』(原作・原哲夫 堀江信彦 作画・出口真人)

原作となる漫画『前田慶次 かぶき旅』は月刊コミックゼノンで連載中の大人気戦国漫画。コミックス第1巻は発売即重版となり、続々と部数を重ねヒットを続けている期待の作品です。

戦国稀代のかぶき者の前田慶次が、関ヶ原の戦い後に諸国を旅し、全国の有名武将を訪ね歩く物語で、京都から肥後に向かった慶次が熊本城を築城し国づくりに奮闘している加藤清正に出会うところから始まり、数々の困難を豪快に跳ね返していく一大群像絵巻です。

096k熊本歌劇団は、この漫画原作のキャラクターや世界観の魅力を存分に体感できる演劇ライブを披露します。

2021年初春 熊本市内にて定期公演スタート予定!

閉じる

096k熊本歌劇団とは?

漫画専門の出版社である株式会社コアミックスが熊本を拠点に旗揚げした女性だけの劇団、それが『096k熊本歌劇団』です。ネットでのコンテンツが豊富になった現代では、ライブこそ大きな価値を生み出しています。だからこそ、これまでにない〝漫画を原作にしたライブ〟をつくりたい! そんな想いからこの常設劇団は結成されました。

『北斗の拳』『シティーハンター』などのレジェンド作品に加え、『アンサングシンデレラ』『アルテ』『終末のワルキューレ』などのメディアミックスやそれが期待されるヒット漫画作品を旺盛に生み出すコアミックスが、それらを演劇ライブにしていきます。

劇団名は熊本の市外局番「096」に歌劇団の「k」で〝オクロック〟と呼びます。そう、〝時〟の意味です。自分の可能性を信じて第一歩を踏み出した若者たちが、この劇団で夢の時を刻んでくれるよう名付けられました。

現在、全国オーディションを勝ち抜いた22名の劇団員が熊本県阿蘇郡高森町に集結し、2021年初春からの熊本市内での常設公演に向け、本格レッスンやPR活動、地域貢献に励んでいます。「漫画を原作にしたライブ」ならではの本格アクションや殺陣、歌やダンスや演舞を披露する女性パフォーマンス集団として、熊本に愛され、全国や世界を笑顔にしていく歌劇団を目指します。

  • 北斗の拳
  • シティーハンター
  • アンサングシンデレラ
  • アルテ
  • 終末のワルキューレ

096k熊本歌劇団の特色

  • 漫画のキャラクターを女性が演じます

    ファンの多い漫画のキャラクターを女性だけで演じ、歌やダンス、アクション、そして演劇ライブ特有の映像や音楽の演出を駆使し、漫画の新たな魅力や可能性を表現します。女性だけで漫画作品を題材にした演目を演じるということが、この歌劇団の魅力のひとつです。

  • 一流の講師陣による本格指導

    殺陣師・アクションコーティネーターとして40年以上ドラマや映画に携わってきた佐々木修平氏や、ジャッキーチェンの元で修行し香港・フィリピン映画で活躍している日本人アクション女優シンシア・ラスター氏を筆頭に、最前線で活躍する一流の講師陣を招聘し、劇団員たちを世界に通用する演者にするよう本格指導しています。

  • 給料制で住居と食事も支給

    熊本に移住する劇団員たちには給与、住居や食事なども支給されます。もちろん、チケットノルマもなくレッスン料も無料。生活の心配をすることなく演劇活動に専念できる環境が用意されています。

  • レッスンに最適な環境

    歌劇団の拠点は熊本県阿蘇郡高森町に建設された「アーティストビレッジ阿蘇096区」。自然が豊かな高森町は舞台レッスンに最適な場所で、綺麗な空気と水が溢れる中での体力運動や、人目を気にせずに台詞や歌、ダンスの練習ができ、都会ではなかなかできない乗馬訓練なども可能です。

  • 常設の劇場で定期公演

    この歌劇団は熊本市内の常設劇場を拠点とし定期公演をしながら、数ヶ月ごとに大劇場で特別公演をしていく予定です。漫画『前田慶次 かぶき旅』を筆頭に、コアミックスが生み出す数々の漫画作品を演劇にし、熊本から全国の公演を目指します。

  • メディア出演のチャンスがあります

    漫画出版社コアミックスは、CMや雑誌とのコラボ、ドラマ・映画・アニメなどへのメディアミックスの機会が多数あるため、劇団員たちは熊本だけでなく全国や世界のメディア出演にチャレンジすることができます。

096k熊本歌劇団のロゴについて

デザインのメインとなっているのは、歌劇団の拠点である阿蘇高森町に咲く貴重な野花ハナシノブ。その花言葉には、野生の中でも凛とたくましく美しく咲く「野生美」という意味と、親しい人たちを愛情持って送り出す「あなたをここで待っています」という意味があり、当歌劇団やその施設の想いを象徴する花となっています。

またロゴの上部には、阿蘇五岳を表した5つの星があり、阿蘇の山々のような大きな存在、まさにスターとして世界に光り輝いて欲しいという願いが込められています。

Partners協力

  • 株式会社ワールド株式会社ワールド
  • ニューギン株式会社ニューギン
  • 株式会社熊本コアミックス株式会社熊本コアミックス
  • 株式会社じぞう屋株式会社じぞう屋
  • 株式会社ジャイロスコープ株式会社ジャイロスコープ