ブログ

Blogブログ

世界の成り立ちと睡眠欲

2021.08.06 上 琴絵の公式ブログ

こんばんは、096k熊本歌劇団の上琴絵です

にわか雨がパラパラと何度か降った本日

夕飯終わりにだごまるとお散歩に行こうとしたら、うっすらと虹が

綺麗な縁を描くこともできず、1分ほどで消えてしまいましたが、その儚さも含めてとても綺麗で、世界の美しさが心に沁みました

さて、本日8月6日は「World Wide Web の日」

1991年(平成3年)8月6日、計算機科学者ティム・バーナーズ=リーが、自身が開発したWorld Wide Web(WWW)に関する情報をインターネット上に公開しました

開設した世界初のWebサイトは「http://info.cern.ch」

このページには「World Wide Webに関する情報」と「フォーマットやプロトコル、およびWebページの作成方法」といった情報がテキスト情報として紹介されています

今でこそインターネット、Webページが当たり前の時代になりましたが、まだ30年そこらしか経っていないんですね

1991年といえば私と同い年じゃないですか

WWWさん、タメですよ、タメ

私の父はネット社会への順応が早かったようで、子どもの頃からお家にPCがありました

ボディはオフホワイトなんだかねずみ色なんだかなんとも言えない色をした、横幅より奥行きが長いやつですね

そういえば、ポストペットというものも流行っていましたね

うちも例に漏れず、PCの中でピンクのクマがせっせとメールを運んでくれていました

ちょっと懐かしくなってしまったので、調べてみると今でも活動しているんですね

HPはこちら

https://www.so-net.ne.jp/postpet/

あのキュートなピンクのクマ、モモ

今は「リアルモモ」というのが登場しているようです

最上もがさんがモモ役だそうですが、これってリアルなんでしょうか

リアルとファンタジーの境目って一体どこなんだろう

最上もがさんは3次元に存在しているとしても、画面越しだから2.5次元?

それとも熊の耳が生えている人間は存在しないからファンタジー?

え、じゃあ私たち096kも画面越しなら2.5?

もうちょっと近い気もするから2.75くらいですかね

そもそもこの世界ですら胡蝶の夢かもしれないわけであって、ファンタジーの可能性もあるわけで

もしかしたら私たちは、誰かが作ったWWWの中の住人なのかもしれない

たとえそうだとしても、朝は来るし、ご飯は美味しいし、夜になると眠くなるし、毎日しっかり悔いのないように生きようってことですね

あ、ひとつ訂正

私、夜じゃなくても終始眠いんでした