ブログ

Blogブログ

読み終えた後「世にも奇妙な物語」のBGMを脳内再生してください

2021.09.07 上 琴絵の公式ブログ

こんばんは、096k熊本歌劇団の上琴絵です

だごまるの抜け毛が半端ないので見てください

風に吹かれて飛んでいくだごまるの分身たち

時代が時代なら、体毛は呪いの媒体なので、全部回収しないと危ないです

今が令和で本当に良かった

さて、本日9月7日は「白露(はくろ)」

いよいよ秋の気配が迫り、大気が冷えてくる時期です

夜間に気温が下がり、大気中の水蒸気が草花に朝露となってつくようになります

その朝露が光によって白く見え始める頃という意味で「白露」となったんだそう

こよみ便覧では「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」と記されており、空もだんだん高くなり、気持ちの良い青空が広がる頃という時期でもあります

「白露」もう言葉の響きも字面も名前の意味もオシャレすぎて好き

朝露は、高森町では夏場でもよく見かける現象です

私たち096kのメンバーは、朝一でお散歩に行くことが多いのですが、毎回必ず朝露の洗礼を受けます

いつもの公園までお散歩して、公園で軽くランニングをする時、足元は基本的にびしゃびしゃです

最近は小さなアマガエルがピョンピョンしているのですが、いったいどこからきているんだろう

もともとおたまじゃくしだったはずなので、どこかしらの水辺から来ているのでしょうが、そもそもどの程度移動できるものなのか調べてみました

日本に生息するカエルの分散距離は数百メートル以内で、分散能力は1000mもあるんだそう
ニホンアカガエルは200~270mでヤマアカガエルは330~390m程度は分散するそうですよ

数百メートルをあの小さな体でぴょこぴょこ来たと想像すると、癒されますね

子どもの頃、カエルの卵を池から入手して虫かごに入れた…と言う記憶があるのですが、入れた後の記憶がありません

私、思い出的な記憶力は良い方なのですが、記憶がないと言うことは、何かしらの出来事があったのでしょうか

たとえば、カエルの卵が実は未知の生命体で、孵化したそれによって記憶を消された、とか

実は私の意識はその生命体に乗っ取られていて、今このブログを書いているのはあの時のカエルもどき、だとか

私の意識って、いつ芽生えたんだろう

私が覚えているつもりの記憶は、本当は写真や映像をみたり、人から聞いたりしたただの情報なんじゃないかしら

情報としてインプットされたものを、脳が勝手に映像化している可能性もあるわけで

考え出したらキリがないのだけど、まあ、私もあなたもカエルかもしれないってことですよ