ブログ

Blogブログ

迷信にも言い伝えられる理由があって

2021.10.11 上 琴絵の公式ブログ

こんばんは、096k熊本歌劇団の上琴絵です

オーベルジーヌ監修のカレーメシを発見

オーベルジーヌは、四ツ谷で芝居をやっていた時、ちょくちょく通っていました

宅配専門店ですが、持ち帰りもやっているので、役者仲間数名でゾロゾロと行ったものです

劇場でカレーを食べると、劇場全体がカレーの香りでいっぱいになるので、かなりの飯テロ

でもみんなやっているのでおあいこ

気になるお味は、口に入れた瞬間から強めの甘み

でもピリッとしたスパイシーな後味が、オーベルジーヌ感を出しています

欲を言えばご飯がもっと美味しければ…

でも気がついたのですが、これ、中身がこんな感じなんです

カレールー的なものだけをお湯で溶かして、ご飯は炊き立てご飯を自分で用意すれば、最高に美味しいんじゃないかと

今回ワンパックしか購入して無かったことと、ご飯がなかったので試していませんが、またこの商品を見つけたらやってみたいと思います

さて、本日10月11日は「爪休めの日」

足の爪が両足で10あることと、足の指は英語で「toe(トゥ)」なので10月

そして、足爪にいい(11)で11日の理由で、シミックCMO株式会社が制定しました

足爪を休めてしっかりとケアしてもらうことが目的

足だけに限らず、爪を切るのって忘れがちになってしまいます

私は、言い伝えだったり迷信をしっかり守る方です

「夜に爪を切ってはいけない」だとか「出かける前に爪を切ってはいけない」だとか

じゃあいつ切るのよって感じですよね

夜じゃなければ朝から昼になってしまうけど、昼間は外出していることが多いので、じゃあ朝

でも朝は外出前

なかなか着るタイミングを見失いがちです

外出前でもなく、夜でもない時には、爪を切ること自体を忘れてしまうんですよね

そんな時、私がよくやる解決策をご紹介します

それは、スマホのホーム画面、もしくはロック画面を「爪を切る」にしておくこと

具体的にはこう

この画像をホーム画面かロック画面に設定すると、ちょっと忘れていても、必ず思い出すことができるんです

最近はお昼休みの時間帯に、一旦自室に戻って、爪を切るようにしています

もうこの方法を2年近く続けていますが、最初にこの方法を思いついた時は、自分のことを天才だと思ったものです

でもそもそも爪を切るのを忘れなければ良いのですけどね

どうしても爪を切ることを忘れがちな人、試してみてください

ただし、このホーム画面の時、人に見られると少し恥ずかしいことを覚悟しておいてくださいね