ブログ

Blogブログ

「さつまいも」は、熊本では「たからいも」と呼ばれる

2021.03.07 菅井 育美の公式ブログ

やほやほ。

今日はからいもについて。

「からいも」は熊本で呼ばれいる「さつまいも」の事だそうです。

いろんな呼び方があるんだねえ。

同じおうちのことえさんが熊本出身だから聞いたんだけど、小さい頃からさつまいものことはからいもって言ってたって🍠

でもスーパーではさつまいも表記で売ってるって。

小さい頃どっちがどっちかわからなくならなかった?

ってきいたら即答で

「ならないよ。ブーブーって言われても車ってわかるでしょ。それと一緒。」って言われました。

なるほどね。

ほんでなんでからいもっていうんだろうってことで調べました。

薩摩芋(さつまいも)

唐芋(からいも)

甘藷(かんしょ)

と日本では色々な名前で呼ばれていて、

それぞれの名前の由来は、

サツマイモの伝来の歴史と関係しているらしい。

そもそもサツマイモはメキシコを中心とする

熱帯アメリカが原産の植物。


日本には、1600年頃、中国から琉球(今の沖縄県)にやってきたらしい。琉球から薩摩(今の鹿児島県)、薩摩から江戸(今の東京)に伝わったと言われているらしい。


甘藷(かんしょ)は、中国でのサツマイモの名前。
唐芋(からいも)は、中国(唐)から伝わって来た芋。
薩摩芋(さつまいも)は、薩摩から伝わって来た芋。

なので、関東地方では「さつまいも」と呼ぶ人が多く、九州地方では「からいも」と呼ぶ人が多いと言われているんだってさ。


ちなみに、農林水産省の統計データなどでは「かんしょ」が使われているらしい。

呼び方で、自分の周りの人がどこ出身なのか大体わかるかもしれないね。

あー、やきいもたべたくなってきたー。

今日はここまで。

ほんじゃまたない。