ブログ

Blogブログ

  • はやいもので、4月ももう終わりです

    新年度がスタートする4月は、「卯月(うづき)」とも言います

    「卯花月(うのはなつき)」と呼ばれることもあり、旧暦で「卯の花が咲く月」であることから名づけられました

    卯の花はウツギの花の別称で、日本では、主に5月~6月頃に開花します

    他にも、卯月の「う」は「初(うい)」や「産(うぶ)」などを意味し、稲作など農耕の始まりという意味もあるそうです

     

     

     

     

    さて、本日4月30日は「ヴァルプルギスの夜」

    ヴァルプルギスの夜とは、北欧・中欧で広く行われる行事で、5月1日に開催される春を祝う祭り「五月祭(May Day)」の前夜祭

    「五月祭」が開催される5月1日は、魔封じの聖人ヴァルプルギスの聖名祝日であり、ドイツの伝承では、魔女・魔術師たちがブロッケン山に集まって大規模な祭り「サバト」を開き、聖ヴァルプルギスに対抗し、春の到来を待つといわれています

    現在はこの日にかがり火を焚く風習が残っていたり、祝宴が開かれたりする地域もあるそうですよ

     

    ヴァルプルギスといえば、オタクの皆様には馴染み深いであろう「まどマギ」を思い出します

    新作映画の製作が発表されたばかりなので興奮さめやりません

    初めて観たときは可愛い絵なのにビックリするほどダークな内容で、これがギャップかと感心したものです

     

    ギャップって大事ですよね

     

    前々から「ホラーが苦手」と公言していますが、育美ちゃんに「ギャップヤバイ」と言われました

    たぶん、ドラマや映画を比較的真顔で観るので、私のことを誤解しているんだと思います

    仲良くなりたいです

     

     

    これは葉が青々とした4月らしい一枚

  • 最近のやぎさんたち

    春って感じがしますね

     

     

     

     

    さて、本日4月29日は「羊肉の日」

    「よ(4)うに(2)く(9)」(羊肉)と読む語呂合わせから、ジンギスカン食普及拡大促進協議会が2004年(平成16年)に制定しました

    北海道の伝統的な食文化の一つであるジンギスカンに対する理解を深め、ジンギスカンをはじめとした羊肉全体のPRが目的なんだそう

     

    羊肉といえば、中野に住んでいたころ、ネパール人がやっているインドカレー屋さんへしょっちゅう行き、決まってマトンカレーを頼んでいました

    インドカレー屋さんって、沢山ありますが、そのほとんどはネパール人やバングラデシュ人なんだそう

    インド人は日本よりも給料の良い国に流れてしまっているんだとか

     

     

    さて、羊肉は「ラム」「マトン」といくつか呼び名がります

     

    ラムは生後1年未満の仔羊で、くさみが少なく、肉質も柔らかいもの

    マトンは生後2年以上から7年程度まで成長した羊の肉で、ラムより引き締まっており、見た目も赤みが強いです

    そしてその中間、生後1年以上2年未満の羊肉のことを「ホゲット」といいます

     

    ホゲットという名前は私も初めて聞きました

    あの油と香辛料の香りが染み込んだ思い出のカレー屋さん、また行きたいなぁ

  • どんより空です

    しばらくはあまり天気が良くないみたい

     

     

     

    ところで私、ビビリなんです

     

    ホラーが苦手とか、絶叫マシンが怖いとかそういうのもあるのですが、それよりも肉体的ビビリがすごくて

    逆立ちをするときも自分の腕の筋力が持たなくてぼっきりいっちゃうんじゃないだろうか

    側転も勢い余って背中から落ちでぼっきりいっちゃうんじゃないだろうか

    とか

    ぼっきりいっちゃう系を想像してしまうんです

    ぼっきりいくことはそうそうないし、思っているより私自身柔ではないと分かってはいるのですが、怖いものは怖い

     

    でも私、昨日決めました

     

    5月末までに側転バッチリになる

     

     

    …書いてしまった

    …文字にしてしまった

    こうやって自分を追い込んでいく作戦です

    昨日そう言ったら、まこちゃんに「バク転くらいいきましょうよ」とサラッと言われてしまいました

    怖いもの知らずの二十歳は強いわ

     

    バク転も追々やっていきます

    来月末くらいに側転が出来ていても出来ていなくても、報告しますね

     

     

     

     

    さて、本日4月28日は「海外ドラマの日」

    1956年(昭和31年)4月28日にKRTテレビ(現:TBS)で日本最初の海外ドラマである西部劇『カウボーイGメン』が放送された日であることから、BS及びCS放送局の4社が共同で結成した「海外ドラマ共同プロジェクト」の参加各社が制定しました

    海外ドラマのさらなる発展が目的としています

     

    海外ドラマは全く興味が無かったので、今まで観る機会がありませんでした

    唯一観た覚えがあるのはフルハウスくらいです

    新しいやつではなく、20年くらい前のやつ

    それも毎回観ていたわけでもなく、たまに観るくらい

     

    最近は、お家で096kのメンバーが韓国ドラマを観ていることがあります

    たまに一緒に見るのですが、アクション系はちょっとだけ面白いなと思います

     

    私もアクション、上手くなるために頑張ろ

  • 今日の朝のお散歩

    この景色が好きです

    たぶんメンバーの中にもこの景色好きなの分かるー!って子、沢山いると思います

     

     

     

     

    さて、本日4月27日は「駅伝誕生の日」

    1917年(大正6年)4月27日、京都・三条大橋から東京・上野不忍池までの23区間の約508kmを3日間かけて走る東海道五十三次駅伝競走(東海道駅伝徒歩競走)が行われました

    最初の駅伝は、江戸が東京と改称され、都と定められた東京奠都(とうきょうてんと)の50周年記念として讀賣新聞社会部長・土岐善麿(とき ぜんまろ、1885~1980年)の発案で同社が主催したものでした

    駅伝は日本発祥のもので、「駅伝」の名前は、東海道五十三次の「駅」にちなんで名付けられました

    「駅」とは首都と地方の間の道路網に30里(約16km)毎に置かれた中継所のことをいい、ここに宿泊施設や人、馬を配置していたそうです

     

    私は中距離や短距離が苦手なので、駅伝なんかは本当に辛いです

    箱根駅伝などをみていると私にとっては神々の走りに見えてしまいます

    あのスピードはどこから出るんでしょうか

    ほぼ弾丸ですよ

    キロ3分台で走る方々はただただ風のよう

    前世は名のある神だったのだと思います

  • 阿蘇にはいたるところに藤の花が咲いていますt

    ちょっと遠いので写真じゃ伝わりにくいですね

    ちょっとどころではなく鬱蒼とした木しか写っていない感じもしますが

     

    山を見上げれポツポツと薄紫色があって、きれいなんですよ

     

     

     

     

    さて、本日4月26日は「オンライン麻雀の日」

    健全な娯楽としてのオンライン麻雀の普及・振興を目的として、麻雀のメンバーを集めるという意味の「4人(4)でつる(26)む」と読む語呂合わせから、株式会社シグナルトークが制定しました

    メンゼン派の「for(4)ツモ(26)」、鳴き派の「四副露:スー(4)フー(2)ロー(6)」と読むこともでき、全ての雀士が自分のスタイルでオンライン麻雀を楽しんで欲しいという願いも込められているそうです

     

    私もオンライン麻雀に一時期ハマっていました

    役の名称はあまり覚えていませんが、オンラインだと、点数の計算はやってくれるので雰囲気でなんとなく出来ていました

    レベル的には中級で勝率5分くらいだったので、弱くもなく強くもなくくらいかしら

     

    ちなみに各局の開始前に洗牌(しーぱい)(牌をジャラジャラかき混ぜる)をしますが、この音は中国では縁起の良い音とされているそう

    中国の一部の地域では、お葬式時に麻雀を行い、洗牌時に派手な音を立てることが死者への餞になると言われているんです

     

    XXXHOLiCという漫画で侑子さんが言ってた

     

    実際に調べてみると本当らしいので、漫画様々です

     

    ありがとう漫画

     

    ありがとうアニメ

  • 最近このネオバターロールがお気に入りです

    トースターで焼くとバターがパンに染みてめちゃくちゃ美味しい

    気を抜くと溶けたバターが滴ってしまうのですが、滴るほどのバター量ってことですね

    カロリー爆弾です

    バターバターって書いていますが、パッケージをよくみると、これ、マーガリンですね

     

     

     

     

    さて、本日4月25日は「拾得物の日」

    1980年(昭和55年)4月25日、東京都中央区銀座3丁目にある昭和通りの路上でトラック運転手の大貫久男(おおぬき ひさお、さんが風呂敷包みに入った現金1億円を拾いました

    落し主は現れず、お金は大貫さんの手に渡ることになりましたが、当時マスコミが大騒ぎ過ぎたせいで、大貫さんに対する中傷や脅迫も相次ぎました

    大貫さんはすっかり怯え、防弾チョッキを着て1億円を受け取りに行きました

    受け取った1億円のうち、所得税として約3400万を納付、約3700万でマンションを購入し、残りは貯金したそうです

     

    小学生の頃、友達との下校中、1円玉を拾いました

    素直だった私たちは近所の交番に1円を届けに行ったのですが、諸々の手続きでかなりの時間を要しました

    落とし物を届けるって案外大変なんだなとその時思いました

     

    しかし数年前、新宿でお財布を拾い交番に届けたときの手続きはさくっと終了

    地域によって違うのか、20年の時間がそう変えたのか、どっちなんでしょうか

     

    どちらにせよ、お財布は落としたくないですね

  • 高森町から西原村に向かう通り道、俵山に「やまの囲炉」というお店があります

    パッと見居酒屋なのですが、実はフレンチのお店

    フレンチにしてはリーズナブルで、しかもとても美味しいんです

    たまたま家族で入ったお店だったのですが、当たりのお店でした

    俵山を通るときは是非

     

     

     

     

    さて、本日4月24日は「しぶしの日」

    「し(4)ぶ(2)し(4)」(志布志)と読む語呂合わせから、2006年(平成18年)1月1日に鹿児島県内の志布志町、松山町、有明町の合併により誕生した志布志市が制定しました

    この「しぶし」という地名は天智天皇が人々の志が篤いことを喜ばれて命名されたと言われており、市では「志あふれるまちづくり」を推進することを掲げています

     

    この志布志市はテレビなどでも珍地名としてよく取り上げられています

     

    市役所の志布志支所は、「志布志市志布志町志布志にある志布志市役所志布志支所」となってしまい、10個もの「志」がある上に、発音すると「シ」が15回も出てきます

    もはやネタの勢いです

     

    私の地元は鹿児島と県境だったので、こどもの頃から鹿児島にはよく行っていました

     

    私的に、九州の中で戦うとしたら鹿児島です

    千葉と埼玉はマウントを取り合っている的なやつです

    九州の絶対王者は福岡様なので、熊本と鹿児島で2位争いをしている感じですね

     

    私は熊本出身だし、今は熊本住まいなので熊本の肩を持ちたいのですが、正直言って鹿児島が僅差で勝っている気がします

    何がって訳ではないのですが、鹿児島優勢ですね

    悔しいです

     

    ただこの勝負は私調べなので、異論は認めます

  • こんなの見つけました

    豆乳で割っても美味しいそうなので、珈琲豆乳にして飲みます

     

     

     

     

    さて、本日4月23日は「地ビールの日・ビールの日」

    日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999年(平成11年)に制定しました

    1516年4月23日、ドイツ・バイエルン国王ウィルヘルム4世が発令した「ビール純粋令」により、水、ホップ、大麦・小麦の麦芽、酵母だけがビールの醸造に使用できることとなり、「ビール」が何であるかが世界で初めて明確に定義されました

    また、ドイツでも今日は「ビールの日」なんだそう

    そもそも「地ビール」とは、小規模ビール会社によるビールのこと

    もともとビールを作るには、1年間で「最低2000キロリットル」作らねばならない、という法律があり、ビールを小さい工場で作ることができませんでした

    しかし、1994年に法律の改定で、1年間の最低生産量が「60キロリットル」になり、小さい醸造所でも、ビールを作ることができるようになりました

    これが「地ビール」が生まれたきっかけです

    「地ビール」は「クラフトビール」とも言いますよね

    実は地ビールが出来た当初は味があまり良くなかったそう

    そのため一度地ビール自体がなくなりかけたのですが、アメリカで地ビールの人気が高くなり、どうにか美味しい地ビールを作ろうと奮闘

    その結果、味も申し分ない地ビールを作ることができ、以前の地ビールと差別化するために「クラフトビール」という呼び名が出来たんだそうです

    今では地ビールも味が良くなり、地ビール=お土産色が強い、クラフトビール=職人が作ったビールという感じになっているようです

     

    阿蘇にも阿蘇ビールというクラフトビールがあります

    チンパンジーのパン君たちも暮らす阿蘇ファームランドで作られているみたいです

    こどもの頃、何度も連れていってもらったファームランド

    もう20年以上行っていませんが、せっかく阿蘇にいるので、いつか行かなきゃですね


  • 昨日の収録で用意していただいた衣装が猫でした

    パッと見分からないのですが、リンゴと猫です

    イヤリングも猫だったので、昨日の私は1000の猫にまみれた女でした

     

     

     

     

    さて、本日4月22日は「肩凝りを労う日」

    「コリ」をケアをするきっかけをつくることが目的に2020年(令和2年)に制定されました

    夏目漱石が執筆した朝日新聞の連載小説『門』の1910年(明治43年)4月22日掲載の一節に「指で圧してみると、頸と肩の継目の少し背中へ寄った局部が、石のように凝っていた。」とコリに関する記述があり、ここから日本人が「肩コリ」を自覚するようになったとの説があることと、「しんどい(4)コリつらい(2)つらい(2)」と読む語呂合わせから、この日を「肩コリを労わる日」としたそうです

     

    語呂合わせはちょっと分かりづらいですね

     

    肩凝りという概念が誕生してまだ100年ちょっとというのは驚きです

     

    私も肩凝りが酷い方で、都内にいた頃は頻繁に整体やマッサージに通っていました

    あまり良くないのは知っていますが、私は体重かけてゴリゴリに揉んで欲しい方です

    か弱そうな方が担当の時より、巨漢の男性が担当だったときの方が嬉しかったです

    熊本入りしてからは全然行けていません

    高森に良い整骨院があるらしいのですが、なかなかタイミングが合わず…

    どちらにせよ行き帰りが自転車なので、せっかくほぐしてもらっても帰りの自転車漕ぎで元通りになってしまうのは目に見えています

    とにかく早めに原付の免許をとらなきゃです